宮城支部
●創立30周年を迎えて
 宮城支部は1974年4月に佐々木隆二会員が設立し、初代支部長に就任した。現在、佐々木隆二会員、櫻井孝一支部長、笹川義信副支部長、佐々木光一事務局長ほか運営委員8名で運営。支部発足当時は14名だった支部員数も総勢60名となり、2004年で創立30周年を迎えた。例会は毎月1回実施している。例会の様子は、会報『はーもにか』(奏でるハーモニーと二科を合わせたタイトル)に掲載し、支部員全員に配布している。遠方の支部員が出席できなくても、この会報によってコミュニケーションをとることができ、支部員にも好評である。宮城支部の自慢は、『はーもにか』が2004年11月で150号になったこと。佐々木会員によると、1990年から発行した会報を積み上げると高さが5.5センチになり、縦に並べると39メートル、敷きつめると72平方メートルになるという。

●毎月例会を行う
 毎月の例会では、佐々木会員による「写真講座」を1時間、その後、支部員の持参した作品を支部長が1点1点見て指導している。開催時間は毎回18:00から22:00までの4時間、熱気を帯びた例会を行っている。
上:1泊2日でカメラウォッチング。
中:例会では支部長が作品指導。
下:佐々木隆二会員による写真講座。
●創立30周年記念写真展を開催
 写真という共通の表現を求め合う仲間が、二科展に出品して入選するという目標に向かって支部は活動を続けている。撮影会の実施は、2005年で20回目を数える。また、支部写真展の開催は15回になる。2005年展は、支部創立30周年記念として、自信作を全紙パネル以上で約100点と本展入選作品も合わせて展示する。支部員は全員参加で宮城支部の意気込みとパワーを示し、写真文化のいっそうの向上を目指したい。
○会期: 2005年1月28日(金)〜2月2日(水)9:30〜19:00(最終日16:00まで)
○会場: せんだいメディアテーク5Fギャラリー
●その他の支部活動
総会は4月、忘年会は12月に開催。
カメラウォッチングを春と秋の年2回、1泊2日で実施する。
●支部員写真展
◎福田絹子写真展「氷の表情」
会期:2005年3月11日(金)〜3月16日(水)9:30〜19:00(最終日16:00まで)
会場:せんだいメディアテーク5Fギャラリー
(会友・櫻井孝一)
○会期: 2005年1月28日(金)〜2月2日(水)9:30〜19:00(最終日16:00まで)
○会場: せんだいメディアテーク5Fギャラリー
■宮城支部
支部長: 櫻井孝一(会友)
副支部長: 笹川義信(支部員)
支部員: 60名
入会金: 3,000円
年会費: 7,000円
入会資格: 二科会写真部規則に基づき、二科会写真部公募展(二科展)に応募する意志があり、二科展または二科会写真部東北公募展に1回以上入賞、入選した者とする。