会員・会友・支部員短信
●【広島】「広島支部所属の会員の写真展」開催
本年6月にオープンした広島で初めての写真専門ギャラリー「富士フォトサロン広島」で、桑原弘行会員・瀬野秀明会員がそれぞれ個展を開催し、両展覧会共に来場者が1500人を超える盛会ぶりであった。
桑原会員は、地元中国地方の雪景色や広島の太田川に生息する鳥たちなど身近な光景を30年撮り続けた作品を中心に「『歩』〜あゆみ〜」と題し、2004年10月8日〜20日に開催。瀬野会員は、2004年11月19日〜12月1日まで「自然美の私景」と題し、ここ数年モチーフにしている自然が織りなす万象を造形的な感覚で切り取った作品、厳冬の北海道、晩秋の奥日光などを展示した。
●【徳島】「荒井賢治と歩む写真の世界80人の写真展」開催
2004年12月1日〜5日までの5日間、徳島市の阿波銀プラザで開催されたこの写真展は、30余名の徳島支部員と、荒井賢治会員が指導する写真愛好家が参加して1年前に計画され、以後40回余りの撮影会と毎月の勉強会を行ったことが参加者には大きな成果となった。パネルはB1サイズと大きく各自1作品で計80点の展示は、風景、スナップ、造形など多岐にわたり壮観であった。入場者数も2197名と同会場はじまって以来の来場数となった。
●【富山】[東京][大阪]で金山正夫写真展「越の國の空の下」開催
金山正夫会員が2年前から新潟(越後)と富山(越中)で、伝統の技を継承してきた職人、日本海と山のハザマで風雪に耐えながら代々の土地や家屋を守り続けてきた人、元気に活動する子供など現在のありのままの肖像67点のモノクロ作品を展示する。また、同展の写真集も同時発刊の予定。
◎会期・会場
東京展:2005年2月22日(火)〜28日(月)・ニコンサロン(東京・新宿)
大阪展:2005年3月24日(水)〜29日(火)・ニコンサロン(大阪)
●【愛知】詫間喬夫写真展
「TASMANIA ISLAND〜オゾンホールに近い島で〜タスマニア」 詫間喬夫会員によるタスマニアの写真展が2部構成で催される。
会期: part1.2005年1月7日(金)〜13日(木)
会場: part2.2005年1月14日(金)〜20日(木)
会場: 堀内フォトサロン(名古屋市中区錦1-17-16)