支部ニュース

会員・会友・支部員写真展情報

■写真展情報

 

●垣村早苗写真展「ゆる風の街~リスボン遊遊ルポ~」

 3年前に二度リスボンを訪れた。大航海時代に英雄を輩出し、世界中に文化をもたらした国。そんな世界屈指の感は、今はなく、街には、穏やかな日常時間が流れている。爽やかな風を浴び、トラムに揺られ、歩き巡り撮影した。(兵庫支部員)

会期:7月14日(金)~20日(水)
会場:富士フイルムフォトサロン大阪

 

●大貫 亘写真展「蓮池の夢」

 茨城県北部にある蓮池の四季の変化の素晴らしさに心惹かれて取材し、その作品を写真集『蓮池の夢』として出版して間もなく20年になる。その後も機会ある毎にこの蓮沼を訪れ、様々な変化を捉え、二科展など様々なところで発表してきた。今回は、写真集から抜粋した作品と、最近の作品を展示する。(会員・茨城支部)

会期:8月1日(火)~27日(日)
会場:ギャラリー やまさん(☎0299-69-0112)

 

●須藤秋男写真展「みちのく鳥海山」

 鳥海山(2236メートル)は、山形県と秋田県の県境にあって、日本海にも裾が広がっている。「秋田富士」あるいは「出羽富士」とも呼ばれ、広く地域の人々から親しまれている。9月下旬になると、秋の気配が日に日に増して、ナナカマドが赤く色づき、10月初めには7合目付近まで初冠雪がやってくる。山麓の静かな善神沼に朝の光が当たり、樹々が秋の彩りに染まる。その光を受けて、沼の水面に冠雪の鳥海山が姿を映す。感動的な美しい光景であった。(秋田支部員)

会期:8月1日(火)~31日(木)
会場:道の駅にしめ・写真ギャラリー(☎0184-33-4260)

 

●山岡成男写真展「写真の原点と美」

 今・感動・光と影・静と動・雰囲気描写など、写真を見て、写真の素晴らしさを感じてもらいたい。すでにカメラに魅せられて50余年、今年77歳の気持ちを初心に、これからもカメキチでありたい。(会員・兵庫支部)

会期:8月15日(火)~27日(日)
会場:アスピア明石 アスピア・スマイルギャラリー

 

●金谷 登写真展「一期一会 四季との出会い」

 あまり遠距離でなく、何度でも通える場所を見つけて撮るように心がけている。同じ場所でも、自然や時間帯によって様々な姿を見せてくれる。そんな自然との出会いを大切にしながら撮影した作品を展示。(茨城支部員)

会期:11月29日(水)~12月24日(日)
会場:ギャラリー やまさん(☎0299-69-0112)

 

●榊原俊寿写真展「猫の世界」

 飼い猫、ノラ猫を問わず、黒の舞台、あるいは自然の舞台で自由気ままに振る舞う猫の姿をポートレート風にまとめた展覧会。モノクロ写真約30点を展示。(会員・神奈川支部)

会期:8月28日(月)~9月30日(土)
会場:Art Gallery M84(東京・銀座 ☎03-3248-8454)
入場料:500円